留学のリアルな様子を発信しているYouTubeやインスタはこちら!
スポンサーリンク

【お金】アメリカ大学院留学の1年間で掛かる費用はいくら?

アメリカ生活
スポンサーリンク


こんにちは、Takeです!


2021年の8月からアメリカのミシシッピ大学に留学しております。秋学期が終了し、留学に必要な授業料や生活費が見えて来たので、今回は留学1年間にかかる費用を紹介したいと思います。


留学する大学や専攻する学部などによって費用が多少変わってくると思いますが、アメリカの一般的な州立大学の一例としてこれから留学する方の参考になれば嬉しいです。


それでは留学のお金の話を始めましょう!(本記事の日本円は全て1ドル114円で計算しております)


Take
Take

冬休みに入りやっとブログ更新できるようになりました!ちなみに私はアメリカのミシシッピ大学に留学しております。

スポンサーリンク

ミシシッピ大学の1年間の授業料:33,200ドル(約378万円)

Man Wearing Gray Dress Shirt and Blue Jeans

はい、いきなり授業料を見て「うっ」となった方が多いのではないでしょうか?1年間で高級車が買えてしまう378万円ほど掛かります。私は日本の都立大学を卒業していて授業料は1年間で55万円程だったはずなので、それと比較するとすごく高く感じます。

もう少し詳しく授業料の内訳をお話しすると大学入学が決まって秋学期前に支払ったのが24,500ドル(約279万円)で、春学期に支払うのが8,700ドル(約99万円)です。


 授業料1年間の内訳

 秋学期 24,500ドル(約279万円)

 春学期 8,700ドル(約99万円)

——————————————————

 合計 33,200ドル(約378万円)


私は、留学はお金が掛かると聞いていましたが、実際にこの金額を見て「本当に高いだ」と震えました。留学を実現するためには、やはりまとまったお金をどうにか用意するか、奨学金を獲得するしかありません。



家賃:月674ドル✖︎12ヶ月(約92万円)

Brown and White Wooden House

これは日本に住むのと同じように家賃だけでも年間で100万円近く掛かります。自分は調子に乗ってシェアハウスの広い部屋を選んでしまったので日本円で月に7万以上払っていますが、普通の部屋であれば月6万もあれば大丈夫だと思います。


お部屋紹介はYouTubeなどを通して動画でしたいなと考えているのですが、参考画像として何枚か写真を上げておきます。

こちらがみんなが使える共用のジムです。


プールも付いています!さすがアメリカって感じですよね。


ビリヤードや卓球台まであります。

私の住んでいるところは出来て新しいのですごく綺麗で、ジムやプールなどの共有施設も充実しているので満足しています。写真だけ見ると何か豪華ですごいところに住んでいるように見えますよね。笑


私と同じようにほとんどの学生が基本的に同じようなシェアハウスに住んでいます。シェアハウスで共同生活するというのは日本にはあまりない文化なので後日、別の記事で部屋の詳細や自分の体験を紹介したいと考えています。


食費:月300ドル✖︎12ヶ月(約41万円)

アメリカは日本と比べると外食が高いです。すき家や100円マックなどがないので、日本では一食500円やラーメン一杯800円などで生活できますが、アメリカではチップなどもあるので外食すると1食2000円ぐらい掛かります。現在は日本円が弱いこともあって本当に厳しいです。

参考までにアメリカの物価が高いと感じたものを写真と共にお届けします。

まずは、スーパーに売っているパックのお寿司!こちら約1600円です。高いですが、味は日本のスーパーのお寿司とほぼ変わらず美味しかったです。

次は美味しいラーメンが食べたくて行った中華屋さんで食べた豚骨ラーメンのお値段も消費税やチップを入れて約2000円でした。味は到底日本のラーメンには及びませんが、まあまあと言った味でした。でも、チャーシューは炙ってあり、すごい枚数入っていて美味しかったです。笑

こんな感じで、日本みたいに外で1食1000円以下で済ますというのは、アメリカだとなかなか難しいと思います。それは、アメリカの物価が高いことやチップの文化など色々な要因があります。


私は、ほぼ毎日自炊してあまり外食はしていません。まだ車が無くて外出しずらいということもありますが、折角留学にきて貧乏生活をしていてもつまらないので、これから経験として外食の機会を増やしていきたと考えています。



携帯代:月25ドル✖︎12ヶ月(約3.4万円)

Person Holding Silver Iphone 7

私はアメリカに来てから日本人の先輩留学生に教えてもらってAT&Tの1年間300ドルのプランにネットから申し込みました。参考までに私が申し込んだプランのWebサイトを下記に載せておきます。

AT&Tの1年間300ドルプラン

携帯会社選びは、地域によって繋がりやすい会社が違ったりするので留学先の先輩などに聞いて、その方達が使っている会社で契約すれば間違いがないと思います。



シェアハウスの光熱費:月40ドル✖︎12ヶ月(約5.5万円)

Five Bulb Lights

こちらは、シェアハウスに住んでいる3人で毎月の電気代を割って一人あたり約40ドルです。私が住んでいるシェアハウスは水道代は含まれているので光熱費は電気代だけになります。



まとめ:留学には1年間で約520万円のお金が必要

Person Writing On Notebook

はい、いかがだったでしょうか。大まかに大学や生活に掛かる費用を洗い出してみました。


実際に書き出してみると留学には1年間で約520万円ものお金が必要なことがわかりました。私の場合は、大学院留学でミシシッピ大学で2年間勉強するので、この倍の費用が掛かることになります。

1年間の留学費用

大学の授業料 33,200ドル(約378万円)

家賃:月674ドル✖︎12ヶ月(約92万円)

食費:月300ドル✖︎12ヶ月(約41万円)

携帯代:月25ドル✖︎12ヶ月(約3.4万円)

シェアハウスの光熱費:月40ドル✖︎12ヶ月(約5.5万円)


合計:45,668ドル(約520万円)

この記事を読んで多くの方が、こんなたくさんのお金用意できないよ…と感じると思います。実際に私もこの全ての費用を自分で支払っているのでなく、奨学金で一番お金のかかる授業料と家賃を支払っています。


そのため、すごく大変ですが、留学を目指す方はTOEFLやIELTの勉強と並行して、奨学金の取得も挑戦してみることをお勧めします!TOEFLで目標である100点や90点を取ることと同様に留学のお金の目処がつくことは留学実現に一気に近づきます。


少し古い情報も含まれていると思いますが、過去に私が調べた奨学金を一覧にまとめた記事がありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。




それでは、今回は以上になります。ここまで読んで頂きありがとうございました。他の留学関係の記事も読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました