スポンサーリンク

【お金】仮想通貨の貸し出し(レンディング)は儲かるのか?BATコインで挑戦!

留学資金の準備
スポンサーリンク

こんにちは、投資が大好きなTakeです。


皆さん、仮想通貨って保有してますか?または取引したことがありますか?


私の運営しているブログは旅行や留学に関すること中心に記事を書いているため、仮想通貨に興味の無い人も多いと思いますが、興味がある方もいるかもしれないので書いていきたいと思います。笑


今回は、タイトルにある通り、仮想通貨の貸し出し(レンディング)というものに挑戦してみたので報告いたします!

スポンサーリンク

はじめにレンティングとは?

自分の持っているビットコインやイーサリアムといった仮想通貨を貸し出し、貸出期間が終わると貸借料がもらえるというものです。私たちが貸し出した通貨は、取引所内のFX取引にて使用されるそうです。


要は、個人で銀行ごっこができるということです!


私は、自分が銀行みたいに自分の持っている通貨を貸し出し、さらに貸出手数料が貰えるなんて楽しそうだなと思い、実験的に始めてみました。



自分が思うレンディングのメリデメをまとめておきます。

メリット


・貸し出して放置しておくだけで貸借料が貰える。

・1年貸し出せば年率5%の手数料が貰える。



デメリット


・貸出期間中は、仮想通貨を売ることができない。

・通貨によってはなかなか貸し出しができない。



上記は当たり前のことを書いたので、そんなに難しくはないと思います。


ひとつだけでデメリットの2つ目で書いている「・通貨によってはなかなか貸し出しができない。」というのは、私の経験談なのですが、コインチェックで貸出申請しているビットコインは何か月待っても貸し出しになりません。理由としては、多くの人が貸し出しを行っているため、コインチェックの取引所内で必要なコイン数の上限に達してしまっているためだと考えられます。


今回、BATコインは申請したその日の内に貸し出しできたので、まだあまり有名じゃないコインであればすぐに貸し出しできると思います。





仮想通貨のレンディングができる主な取引所

Coincheck

ここの取引所は、既に口座(取引アカウント)を持っていたとしても新しく貸仮想通貨アカウントを作る必要があります。

GMOコイン

2020/07/29の時点で貸し出しできるのはBATとOMGコインだけの様です。コインチェックのように別で貸し出し用のアカウントを作る必要はありません。

ただし、最小貸出数量があるのである程度まとまったコイン数が必要です。



私的には、両方の取引所を使ってみて使いやすい方を使えばいいと思います!





仮想通貨の貸し出し状況

私は、前述の両方の口座を持っており、両方の取引所でBATコインを貸し出しています。今後、お金に余裕があれば貸し出し量を増やしていきたいと考えています。


2020/07/29時点での貸出状況@コインチェック






実際にレンティングは儲かるの?


それは、そのコイン自体の価値に左右されます。


レンティングによってコイン枚数は増やすことができますが、貸し出していたコインが返ってきた時にそのコイン自体の価値が下がってしまっていれば意味がありません。笑


儲かるどうこうより、仮想通貨を持っているけど何もしていない人は、貸し出すことでコインの枚数を増やすことができるので資産運用的に良いのかなと思います。


私がこのレンディングというサービスで一番面白いと思うところは、個人が銀行のように金融資産を貸し出すことができるということです。この仕組みめちゃくちゃすごいと思いませんか?


実際に、私はBATコインを貸し出して実験中なので、結果が分かり次第ブログにて報告したいと思います。


他にも旅行などの記事を書いていますので、お時間のある方は読んでみてください!



それでは、次の記事でお会いしましょう!See Ya!

コメント

タイトルとURLをコピーしました